カルチャーショック

これから私が住んでいる青森のデリヘル事情をご紹介したいと思います。
その前に自己紹介ですね。
私は、32歳の青森で暮らしているシャオニー(ペンネーム)と言います。
既婚で子供が2人います。
あとは猫が一匹ですね

家庭があるのになんでデリヘルを利用しているかと言いますと、子供が産まれてから奥さんが相手にしてくれなくなったというのが一番の原因ですね。
子育てに奮闘中でというのも分かりますが、それでは私の性欲は収まらないのです。
浮気なんて出来る性格ではありませんし、セフレなんてもってのほかです。そんな流れでデリヘルならば許されるんじゃないかと思い、青森のデリヘルにかなり通っています。
最初はデリヘルでも罪悪感がありましたが、慣れてくると、スポーツの様な気分になって今ではデリヘルに行くことは何の抵抗もなく行けています。
むしろ、ドキドキワクワクしながら楽しんでおります。

利用する時間帯は圧倒的に平日の夜が多いですね。
会社帰りにちょっとホテルへ寄って抜いてくるというのが日課となっています。
大釈迦にもいいホテルがありますし、浅虫、黒石、五所川原になんかもリーズナブルで綺麗なホテルがあります。
可愛い子が来ると盛り上がって延長したりして家に帰るのが遅くなってしまうこともしばしば。
少ないお小遣いでどこまでデリヘルに通えるかが最大の悩みですが、今まで何とかやりくりしてきたので、おそらく大丈夫だろうなとは思いますが、こういった生活を続けていると、お小遣いは貯まりませんね。
借金をしてまではいきませんが、お小遣いがある限りデリヘルを呼んでしまうバカな管理人なのです。

また、職業柄、県内での出張が多いので、普段なかなか行けない南部地方にもちょくちょく行きます。
八戸や三沢、十和田エリアのデリヘル店もかなり行きましたので、余すことなく紹介できると思います。
県外のデリヘルはなかなか行けませんが、青森のデリヘルだったら相当濃い情報を持っていますので、たまに遊びにきて見てくださいね。

私の様な境遇の方に忠告ですが、デリヘルの行き過ぎはいろいろなリスクがあります。
本当に奥さんのことが興味なくなてしまったり、借金をしてまで通ったえりすると家庭崩壊・・・。なんてこともあり得ますので、どこかのCMではないのですが、「ご利用は計画的に」という言葉を思い出してください。
たまに行く分にはリフレッシュできて良いと思いますが、薬と同じで飲み過ぎはかえって毒になります。
ちょっと怖い事を書いてしまいましたが、自分のためなので頭のどこかに入れておいてくださいね。

青森には可愛いデリヘル嬢がたくさんいます。そして値段も全国に見てかなり安くお得に遊べます。
都会では信じられないような料金でデリヘルを呼べますので、カルチャーショクを受けるかもしれませんが、出張などで青森に来た際はデリヘルを呼んでみてくださいね!
癖になる事間違いなしです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です