同世代の子

なんだかんだ言って熟女も好きだし、若い子も好き。同世代なんかは一番好きですね。
同世代の子はとにかく話がよく合います。テレビの話をしたり、昔に流行ったものに共感したり、地元青森の昔のことを話したり、話題は尽きません。
今回は同世代の子を呼んで、ただプレイするだけではなく、無駄話というか、会話も楽しみたいと思いました。

ということでデリヘルのサイトで青森の同世代と思われる女の子を探します。
探し方は簡単で、自分の年齢に近い女の子を探せばいい訳なんですが、それだけだとかなりの女の子がヒットしてしまう恐れがありますので、年齢プラス性格とか、年齢プラス体型で選ぶといいと思います。

私が選んだのは、同世代のおっぱいが大きな女の子です。
今日はなんだか誰かと話したくて仕方ありませんでしたので、ロングに120分で予約をしちゃいました。
同世代のデリヘル嬢なので、もしかしたら同じ学校の子が来るかも!!なんて淡い期待を抱いていたのですが、その願いはは叶わず、来たのは全く知らない子でした・・・。
そんなもんですよね・・・。
早速彼女を相手に色々と喋りました。自己紹介から始まり、どこらへんに住んでいるのかとか、正確な年齢を聞いてみました。
年齢は非常に惜しいのですが、私の年齢よりも1つ下でした。

いろいろなことを話してくうちに、下ネタの話になりました。
オナニーは何回してる?とか、性感帯は?とかそうしているうちに興奮して来てしまって、私は彼女を襲ってしまいました。
おっぱいを鷲掴みにしてキスをすると、彼女も早くしたかったようでキスに応えてくれました。
口の周りが唾液でいっぱいになる程、時間を忘れて長々とキスをしました。
キスだけでこんなにクタクタになるとは思っていませんでしたが、想像以上にヘロヘロです。

彼女は優しく抱きついてきました。
疲れた私の体を癒してくれるかのように、心地よいタッチで私の性感帯をペロペロと舐めてきます。
そうしているうちに、私の股間は相当硬くなってビーンと伸びてしまいました。
彼女はそれに気づき、そっと硬くなった息子を口の中に入れました。最初は先っぽのカリの方から舐めてきます。彼女の舌の使い方は絶品で、気持ちの良い所ばかり刺激して来るので、私は堪らずに射精してしまいました。
勢いよく出過ぎたようで、ベッドの角まで精子が飛んでいってしまったようです。
その光景を見て2人は笑ってしまいました。

仕切り直しということで、私は彼女にクンニをしてあげたんですが、パイパンだったので、とてもエロい感じでした。
毛が全くないので、股を開くと割れ目の奥まで見えてしまいます。
そんな彼女の股間を本能に任せてクンニをすると、彼女はのけ反る程に興奮して、何度かイってしまったようでした。
青森に住んでいるということはまた呼べば来てくれるかもしれません。
私はそれに期待してこの日は仲良くお風呂に入り、最後まで楽しく過ごしました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です